消費者金融は勤め先に電話がかかってくるのか

主婦でも借りれる消費者金融

主婦が、生活費などの確保を目的に消費者金融からお金を借りようとする場合に、審査を通過できるかどうか不安になる人は大変多いです。もし、主婦が自分自身で収入を得ているのであれば、消費者金融からお金を借りられる可能性は高いといえます。消費者金融では、正社員や派遣社員、パート、アルバイトなどの雇用形態に関係なく、年齢が20歳から65歳くらいまでであり、安定した収入が継続して確保されていれば申し込みが可能であり、審査に通過することができれば契約手続きを経て融資が実行されます。

一方、消費者金融の利用にあたって問題となるのは、自分自身で収入を得ていないいわゆる専業主婦です。前述の申し込み条件に従えば、収入がまったく無い人は申し込むことはできないと考えられるのは自明です。しかし、配偶者貸付とよばれる制度を利用することで、収入が無い夫もしくは妻も例外的にお金を借りることが可能となります。ただし、借入額の上限は夫婦の年収の合計の3分の1に相当する金額となっており、これを超えると新規借り入れの申し込みはできなくなります。また、この制度を利用してお金借りる場合は、申し込みのときに申込者自身の本人確認書類のほかに、配偶者の同意書、配偶者の収入証明書類、本人と配偶者が婚姻関係にあることを証明できる書類の3つを提出する必要があり、配偶者に知らせないまま、あるいは借金をする必要性について納得してもらえないままの状態でお金を借りることはほぼ不可能となっているので注意が必要です。

消費者金融は勤め先に電話がかかってくるのか

融資を受ける方法も実に様々ですが、消費者金融は手軽に申込ができ、融資のスピードもはやいことで人気となっています。即日にも融資を受けることができますから、急いで融資を必要としているときもとても便利ですし、コンビニのATMでも利用できるので、夜中でも利用できるのはとても便利なものです。さらに返済方法も多く用意されています。
消費者金融に申し込むには、まずは審査を受ける必要があります。審査といっても特別難しいものではなく、本人であることが確認できること、そして利用には安定した収入のあることが大事ですから、収入があることを証明する必要もあります。正社員の方はもちろん、パートやアルバイトの方も申込が可能です。そして無事審査を通過できれば融資を受けられることとなります。
消費者金融では在籍確認をされることが一般的ですので、勤め先に電話がかかってくる場合もあります。これで、職場に借金をしていることが知られてしまうのではと心配になることもありますが、業者のほうもそこは心得ていますので、金融業者であることは名乗らず、個人名で対応してくれることがほとんどですので、まず知られる心配はありません。
それでもやはり勤め先に電話がかかってくるのが抵抗があるという場合は、電話確認なしで利用できる業者を選ぶという方法もあります。そういったサービスを利用する場合は一定の条件をクリアしていることが必要ですが、他の人に知られたくない場合にはとても便利なものです。確認方法は業者によって違いがありますので、申し込む前には確認しておきましょう。

Scroll To Top